シアバターとは

シアバターは、ギニアやマリ、ガーナといったアフリカ諸国に生息するシアの木の種子から抽出される保湿力の優れた植物性油脂です。
およそ35℃(人の体温)で溶け、常温では固形なので植物性油脂であっても、オイルではなくバターと呼ばれています。
最初の実をつけるまでに20年、それから200年間実るそうです。アフリカの過酷な環境で育成を許せれた聖なる樹木のひとつと言われるのも納得です。
シアの木が生息している暑さの厳しい環境で暮らす人々は、昔から乾燥からお肌を守る天然の保湿クリームとして、また傷や火傷の手当て、出生後の赤ちゃんを紫外線から守る目的など万能に使っています。
アフリカの女性の輝くような美しいお肌の秘密がシアバターにあったのですね。

シアバターの成分について

シアバターの主成分はオレイン酸やステアリン酸で人の皮脂と似ているため肌になじみやすく天然の保湿効果が長時間持続します。とりわけ未精製のシアバターにはお肌を柔らかくして保護に役立ち、アンチエイジングが期待できる以下のような微量成分を豊富に含んでいます。

トリテンペンアルコール

親水性があり、肌を柔らかくしてくれる効果があるとされます。

アラントイン

傷の回復を促進する作用があり、肌荒改善に効果があるといわれています。また、育毛効果もあるといわれています。

カロチノイド

皮膚や粘膜の再生を助けてくれる成分です。荒れてしまった肌を健やかにしてくれるといわれています。

トコフェロール

天然のビタミンEです。酸化防止効果があり、皮膚の血液循環をよくする働きがあります。また、お肌の老化防止などに効果があるといわれています。